2015年3月15日日曜日

滝をみにいく

(画像クリックで大きくなります)


シネマート心斎橋で滝をみにいくを観ましたー!
7人のおばさんたちがハイキングツアーに集まり、
遭難してしまうというお話しです。

おばさん達が焦り、迷い、知恵を絞り、
ギャアギャア怒鳴り合い、お互いを理解し合い、
そして大体はキャッキャウフフするガールズムービーでした。

こういう映画って、やっぱり、キャラクターが全てだと思うんです。
それぞれが言い放つ言葉の端々や、ちょっとした視線、
どうやらはまってるらしい習い事、なんだか苦手に思ってそうな事、
そういった細かい事からそれぞれの人生という土台を
感じれることがとても大事だと思うんです。

映画の雰囲気としてはとてもふんわりとしてるのに、
なんだかやけに伝わってくるなあ…と思っていたのですが
後からパンフレットを読んでみてびっくり、そして納得!
個々のキャラクターの細かい設定がびっしりと書き綴られていました。
それぞれのおばさんの見せ所がぎっしり詰まった
なんともチャーミングな映画でした。

40こえたら女はみんな同い年というパンチラインを
残したユーミン、オペラで鍛えた美声を披露するクミ、
腰が痛くて困るクワマン、なんとも泣けるシーンがあった
いつもは元気なセッキー、とんがりコーンばらまくスミスと
恋バナが非常にかわいかった師匠…

みんなを恐怖に陥れるジュンジュン…




というかこの主人公ともいえるジュンジュンが
本当にナイスキャラでした。絶妙なただものでは無い感がすごい!
そんなジュンジュンを演じたのはなんと
今回の映画出演で演技が初めてというスーパー素人さん…!

あとは遭難した山がとても美しくて素敵でした。