2015年8月31日月曜日

AMERICAN SNIPER

(画像クリックで大きく表示します)

大阪ステーションシティシネマでアメリカンスナイパーを観ました。

2014年末あたりから劇場でこの映画の予告編を
見かけるようになったのですが、
この予告を見た上で本編を見逃す気にはなかなかならないんじゃないかな…
というほどのインテンスさでしたね。これです
内容を知った上でも、なに、、どうするの、これ、という
好奇心が勝るのではないかな…

ブブブ、ブラッドリークーパー?と驚いてしまったのですが、
役作りのため超ワークアウトして20kgほど体重というか筋肉だよね?
を増やしたそうです。役作りにおけるこういう話しは良く聞きますが、
やっぱりすごいことですよね。そして映画を観た後にクリスカイル本人の
画像も見かけたのですがなんともいえないそっくり加減に驚きました。
肉体ってそのひとそのものだなと最近映画を見てるとしみじみ思います

もちろんのことですが、この映画はアメリカでは大変な話題になったそうです。
気になって、ブログとかレビューとか、いろんな人のリアクションを
読んでいて思ったのですが、人によって大きなズレが生じてるなと思いました。
まるで違う映画を見ていたくらい対象に対してのギャップを感じました。

私が観たこの映画は、主人公のクリスカイルが、ただただ全てを
失っていくばかりの物語でした。こんなエンドロール、
この突き放しかた、いままでに見たことないと思います。

彼が「誰にもわかってもらえない」と実際に言葉にすることは
決して無かったけれど、彼がとある人物が「いなくなった」とわかった時に
泣きはじめる姿、そして本当に画面が真っ白になり
誰がどこにいてなにが起きてるかわかんないほどの砂ぼこりのシーン…
あんな景色をスクリーンで見ることになるなんて思わなかったけど、
呆然とした気持ちで見入ってしまいました。

カントリーミュージック、ビール、ロデオ、教会、リアル背中ダーツ(!)
そして彼の父親の言葉:
「この世には羊、オオカミと番犬がいる」という言葉
「番犬の正しさ」を信じ、待っていたのはなんてなんて皮肉な結末

クリントイーストウッドの映画これからももっともっともっと観たい〜

0 件のコメント:

コメントを投稿